読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人が活躍する組織活躍できない組織

教育に関すること


「指導をする時にも笑顔が大切なんだな」と思った出来事 - おやこでポレポレ

 

新人はできることよりもできないことの方が多いです。

それはやったことのないことだったり慣れていないことだったりするので,わからなかったりできないのは当然のことです。

 

そんな新人が活躍できるできないを決めるのは上司です。

 

新人が活躍することの出来る組織は,新人がどんどん(新人にとっては初めてな)新しいことにチャレンジできる組織です。もちろん失敗します。失敗したときに先輩・上司がフォローしてくれるからどんどん(新人にとっては初めてな)新しいことにチャレンジできます。

新人が「次はどんなことをやるのかな」と楽しみになれる組織は新人が活躍できます。

 

新人が活躍することの出来ない組織は,先輩・上司の指示した手順通りこなさなければ指導を受ける組織です。この組織で言う失敗は指示された手順通りに行っていないことです。人によってやりやすさが違うのに手順通りでなければならないと指導を受けます。もちろん,実験などで手順どおりである必要がある場合はしかたのないことですが,多くの仕事はそういった手順通りでなければならないことは少ないはずです。

新人が「また新しいことを覚えないといけないのか」と思うことは赤信号です。新人だけでなく他の人も活躍できずにいる可能性があります。

 

新人にとって上司の影響力はとても大きいです。だからこそ上司は新人を支え続けていくことが大切です。失敗に寛容であるべきです。