読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見える叱り方よりも見えない叱り方

教育に関すること

oyakode-polepole.hatenablog.com

 

学校で先生はさまざまなところで叱ります。

多くの場合,多くの子どもがいるところで叱るでしょう。

それが1人だろうと5人だとうと。

けど,その叱られる側の立場になって考えると,叱られることは構わないがみんなの前で叱られるのは嫌だ,という心理があることがわかります。

 

だったら,別室で叱ればどうでしょう。

それでも怒鳴られようものなら,個室という逃げれない状況がかえってプレッシャーになります。

 

ここまでを整理すると

・みんなの前では叱られたくない

・個室だと逃げられないからすごいプレッシャーがある

 

ということがあります。

なので「みんなの前で叱らず」かつ「個室という状況でもプレッシャーを与えない」叱り方がベターなのではないかと考えられます。

それが何かというと「笑顔」です。

 

「笑顔」であればプレッシャーも少なく叱ることが出来るでしょう。

まぁ,「笑顔」で圧力をかけてくる方もいますが…。

 

みんなの前で「叱る」見える叱り方よりも,みんなに見えない叱り方の方がよい,ということです。

先生方,4月から子どもを叱るときは「笑顔」と「別室」を忘れないで下さい。