読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterが乗っ取られた!そんなときの対処法

友人のTwitterが乗っ取られていました。

すぐに連絡したところ

「パスワードを変えます」

と来ました。

 

実はこれだけでは不十分なんです。

 

ということで,Twitterが乗っ取られた時の対処,予防策を紹介します。

 

1.パスワードを変える

定番中の定番。言わずもがな。

誕生日とかペットの名前とかツイートやブログ・SNSなどからパスワードがちょっとでも推測されるものは厳禁。

ちなみに私はサイトごとにパスワードが異なります。1passwordのようなアプリは使わずに全て記憶しています。

これにも一定のルールがありますが,触れません。

知りたい方は直接聞いてください。

 

2.アプリ連携を見直す

Twitterは本当に便利で,iPhoneにさえ標準で連携機能が搭載されています。

Twitterはそういうときにいちいちログインしなくても済むように「連携」という方法を取っています。

そのおかげでiPhoneで撮った写真をすばやくツイートすることだってできるわけです。

この「アプリ連携」に気づかない内に連携してしまっているアプリがあればそれが犯人です。「アプリ連携」を見なおして,これ使ってないな,というものをちゃっちゃと切ってしまいましょう。

私も100近くのアプリ連携をしていたのでかなり消しました。

 

3.2段階認証を導入する

アカウント名とパスワードがあれば,どこからでもログインができます。

これを端末ごとにログインを許可するかどうか決めるのが2段階認証です。

詳しくはググっていただくことにしますが,やり方は難しくなく,かつ安全です。

 

ただし,iPhoneiPad,パソコン,と多くの端末で見ることのある方にとっては非常に面倒な作業になりますので,気をつけてください。

 

 

SNSの利用はとっても便利ですし,楽しいところがあります。

しかし,そのかたわらで悪用しようとする人がいることも事実です。

悪用されないよう,細心の注意を払って運用していきましょう。