読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の素直さに救われる

教育に関すること

最近,二人の生徒を叱り,一人に対して現実を伝え泣かせてしまいました。

けど,いずれもしっかり立ち直り接してくれるのでその素直さに救われています。

 

前者二人は面談中の生徒の対応・反応が目に余るものがあったので,説教。

片方はまだまだですが,もう片方は私が授業しようとすると嫌がりますが(悲しい)積極的に勉強の相談をしてくるようになりました。

 

後者については,非常に悩みましたが,知ったほうが良いと判断し伝えました。

その生徒はおそらくディスレクシアです。

中1の生徒で初めて英語をやり,英単語が発音できるが全く書くことが出来ませんでした。漢字が覚えられるのに英単語がこれ,というのはディスレクシアにありがちな症状のようです。

私が確定するわけにはいかないので,中学校か病院で判断する必要があります。

ということで,保護者と生徒に伝えることにしました。

塾ではやれることに限りがありますしね。

本人は覚えられないことが悔しくて泣いていました。自分にあった覚え方がわかったことを前向きに受け取るよう言葉がけを行い,何度も発音させました。少しずつ覚えている実感があるようです。

辛いことを伝えてしまったと思っています。

しかし,生徒が誰からも伝えられなかったり,把握してるけど言われないことを考えるとそのほうが不幸です。

勇気を出しました。

 

しかし,いずれも生徒が慕ってくれています。

信頼してもらえているようです。

改めて彼らの素直さに私自身が救われています。

彼らの素直さに感謝です。