読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶はあてにならないから記録しよう

人間は完璧な生物じゃありません。

成功することもあれば,山のように失敗することばかりです。

 

いろんなところで起こることですが,話を聞いて覚えたことってのは,数日,数週間もすればだいぶあやふやになります。

そのうち,「あれ,どうだったっけかなー」と思い始めるのです。

 

人間の記憶力なんてたかがしれています。

それよりも圧倒的に確実なのが記録です。

 

脳内のみに情報を保存する記憶と違い,紙や音声などに残す記録は再見可能な媒体なので,あとから確認することが出来ます。

 

人間は常に忘れては新しいことを覚えていきます。

中には忘れてはいけない大切な情報もあります。

引き出しや本棚の整理と同じです。

よく使う情報は脳内に記憶し,それ以外は脳外に記録してしまえばいいのです。

 

媒体は紙でもEvernoteのようなWebサービスでもなんでも構いません。

ただし,検索可能であるべきです。

それだけは欠けてはいけません。